スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日の収穫




11/7 
まんだらけ名古屋店

・少年画報71年11号 マンガ株式会社掲載号 4200円
・コロコロコミックDX どらえもん藤子不二雄の世界 525円

11/8 
まんだらけグランド混沌なんば店

・マンガニカ第二集 840円
・週間少年サンデー67年44号 パーマン最終回掲載号 1575円
・少年画報69年9月号 仮面太郎表紙・カラー扉ページ 840円
・マンガくん 77年15号 エスパー魔美 地底からの声 105円

もっきりや
・ビッグコミック79年6月25日号 パーマンの日々&グラビア 315円
・コミックトム81年10月号 TPぼん 最初のアメリカ人 315円
・コミックトム82年2月号 TPぼん シュメールの少年 315円
・コミックトム84年8月号 TPぼん 浦島太郎伝説 315円


名古屋で買ったものよりこっちで買った物の方が多いっ

少年画報は探してた5冊の一つで未収録の方のマンガ株式会社がのっています。大ボリューム100P!といっても大半がアシスタントのかいたつまんねー作中マンガですが…この号は文学館にありませんでしたのでヤット読めました!でもやはり前作の方が面白いですね。
ちなみに少年画報はこの号で休刊でそのせいか今回この雑誌を初めて見ました。この内容で4200円は高い!とおもいましたが折角遠征したのと初めて見たので即購入。予想外に叶バンチョウ先生の作品も載っていてラッキー、もちろんこれもルパンのパクリでしたww

コロコロDXはなんでも狂人軍が紹介されているとの事で購入。あれは感動的です。大半はテンコミ6巻だかのしのだ作の道具紹介とかぶってる内容ですね。

そして今回の最大のヒット「マンガニカ第二集」!!840円大ラッキー!
まんが道でおなじみの宝島がトレス前で載ってます。未掲載表紙有。
「片足…片手の男!天下にとどろくその名…丹下佐膳!!」
大きなツヅラのオバケにはオバQもいますがまんが道では流石に修正して気持ち悪い半漁人みたいにされてて笑えます。
で、このマンガ、三人の先生が宝島をマンガ化するという競作なんですが藤子先生がギャグ、さいとう・たかを先生が劇画でSFを石森(敬称略)なんですが、


これがひどい!

解説には「これはかんたんだった。島を星に置き換えたらスラスラスイスイとスペースオペラ(宇宙SF)になっちまった。~中略~というわけで全然苦労なし。いや、ホント簡単だったヨー」
って自信満々に言い放っていますが、このマンガがヒドイ。本当に適当に描き勧めたあげく「さあて、このあとどうなるのか?つづきが見たいひとは自分で描いてちょーだい!」とくるんですから。そりゃ苦労もあるわけ無いよ、さすが駄作量産機!こんなくその役に立たない反面教師の解説のせるならさいとう先生の解説をのせろよ!いや、これはわざとさらし者にする高度なテクでしょうかね。こんな適当な姿勢でオバQのキャラにも手を入れていたのでしょう。石森許すまじ!
と黒幕節はおいておいて、このマンガニカは色々な情報も載っていて楽しいですね。安孫子先生の怖いものに「日本のオバケ」とオバQチックなオバケが描いてあるのはご愛嬌として藤本先生の怖いものが意外でした。これでドラえもんで謎だったものが一つとけました!
マンガ家20人の大調査では藤子両先生がそれぞれ「安孫子先生と同じ」「藤本先生と同じ」って描いてあるのが嬉しいですね。そういった理由からこれはF全集には絶対載らないでしょう。このころの二人で一人が強調された資料をみると今の両陣営の確執が哀しくなってきますね…

サンデーはちょい高かったですがこの度全集が出て2通りの最終回がたのしめるようになったので初出も、という事で。いや、こないだコピーしたところですがな。

少年画報は残念ながらコミックに使われている扉でした。しかも裏表紙に懸賞か何かの切り取りがあって…表紙ように買ったのにつかえないじゃんかナリ!

マンガくんは書き換え少々。ココロマン最終回。ちっともおもしろくなかったぜ!よたろうは隙なんですが…

ビッグコミックは久々のパーマンの日々ゲット!それより嬉しいのが安孫子スー『パーマン』のグラビア特集ですね。これも探していた本です。

コミックトムはぼんがところどころ違います、青の中でも白眉なのが浦島太郎伝説!単行本とでユミ子とぼんの役どころが入れ替わっています!ぼんをしかるシマは面白いですがやはりカメが化けたのくだりとそれを追ってあらしにあう流れの方が話がスムーズで良くなられていて完成度が高いですね。
もう全集で全作品よめるので今後はこういった書き換えを狙って蒐集していくことになりそうですね。そして意外にも早くも次の雑誌が作れそうな勢いですwww

あ、それとグランドカオスで気になってた少年コミックのフータくんと怪物くんが表紙の増刊号。1万でしたが中身チェックしたら全て再録のようでした。NUで書きおろしとか描いてたのはウソのようです。


スポンサーサイト

正之ライブと名古屋懇親会




7~8日と名古屋行ってきました。
山本正之リクエスト行脚が安城であったので6月に休日出勤した代休を利用して土曜を休んで小旅行ですわ。
ライブは14番目でしたが最前列はじっこに座れてラッキー。
ライブ終了後遅れること1時間、待ち合わせ場所のまんだらけへ到着。
正之ライブだけなら名古屋まで出ません。そう、去年に続き第2回藤子マニア名古屋懇親会(春のは反省会だからノーカン)も開催しようと名古屋までやってきたのでした。
まんだらけで待たしていた二方と合流。いつも詳しく調べず大体の見当をつけて出かけるので筋を一本間違えたらしく道にまよいました。一目でオタクと分かる連中がいたので彼らならわかるだろと訪ねたら快く教えてくれました。向こうも同じ穴のムジナと思ったのでしょう。正之ライブの人種と藤子マニアは風貌が似ています。

まんだらけ探索して最後の一人も無事合流。大須から栄まで移動して居酒屋へ。

今回は私を入れて4人の小規模な会です。今年は関西懇心会がなくなったので春以来の再来で藤子話に花がさきました。
やはり最大の話題はF全集のこと、続いて藤子ファンはここにいるのこと。持ち寄った物を見せたり。NUが第二版になってたとは初耳です。
Fノートに感動。まだ届いてませんでしたので。この日家に届いてたそうです。自作の雑誌最新刊2冊を披露。

時間が来て一人さよならし3人でスタバへ。変太夫同人誌、今後の関西懇親会について。同人誌ではこんな事やりたいなとか、冬の懇親会の計画(決まったら告知します)

解散して一応一縷の望みで近鉄をみると終電終了。なので寝床を探してさまよう。色々総合した結果、個室ビデオ店が一番と判断。しかし1時過ぎないと1500円にならないのでぶらぶらして時間をつぶす。よびこみのおっさんやポン引きのオバちゃん冷やかしたり。

個室ビデオは思った以上に快適で個室でマットがあり防音もできてるし鍵もかかります。シャワー完備でDVD交換自由と満喫より優れてますね。インターネット、ドリンクバーは無いけど。しかし調子にのってウメ星テンガを買ってあまりの良さに6発も抜いたのは失敗か。

次の日は10じチェックアウト、てんむすを食い近鉄特急で大阪にもどり、まんだらけ、もっきり屋を廻り大阪amホールのライブへ。

店によるたび雑誌類が増えるので最後はかなりの重量でへとへとでした。収穫物についてはまた明日~




プロフィール

黒幕組合

Author:黒幕組合
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。