スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶悪ナリ!タレ目パー子!!

(前回からの続き)

何はともあれ人数がやっと揃って一行はデリカシーとかいう映画館へ。しまった、前売り買っておけばよかったと悔しがっていたらなんと持ってない人用のために用意してくれていたお方が!やった500円儲け!一方えろべえ氏は罰金を2000円…(以下略)

映画館では我々は前から二列目を占拠。流石にガキ共が多い。参ったのは男子便所に行ったらガキの付き添いのママさんが入ってきて思いっきり観られました。うかつにも向いてない状態を…恥ずかしい(もういい黙れ!)

そして映画が始まった!




………ぐふっぐふっぐふ…


映画が終わりエンディングが流れる時は不思議と乾いた笑いが腹の底からわきあがってきました。これはあざけりの笑いなのか、このあまりにヒドイ作品に怒ればいいのか、悲しめばいいのか、わからなくなって頭のねじが壊れたせいなのかも知れない。

ともかくスゴイ脱力感でした。

ポルポルくん風に語れば

「ありのままにいま起こったことを話すぜ! 
『俺はドラえもんを見ていたと思ったらいつの間にか大川隆法の宗教映画を見ていた』
な、何を言ってるのかわからねーと思うが俺も何を見せられたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…
糞声優とかジブリのパクリだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」


もうともかく台本というか展開が支離滅裂のステレンキョーのパーなんです。登場人物が全員精神分裂気味でSでもきめてるかのように感情表現は出鱈目に強く、世界観や設定もその場その場の雰囲気で出すだけ出してそれが全然意味の無いという恐ろしさ。しかもジブリのパクリ。
敵が何をしたいのか、そもそも緑の巨人がなんなのかとか全くわからない。とりあえず考えなしに復活させたと思ったら今度はそれを退治しようとしだしたり。それでピンチになっても意味不明ご都合主義展開で解決するという…まるでブリーチ。


ちょっと整理してみますと(思いっきりネタバレ)

緑を滅ぼす悪い地球人は絶滅させたい お姫さま;どうでもいい

それに反対の長老はキー坊になんか説明0の葉っぱを渡す

それはイケニエの資格だったのでキー坊をイケニエに緑の巨人の復活だ

植物人は地球を侵略地球を緑で覆う(地球の緑も死ぬよね?)

時間をとめられているぞ!
よし、巨人を復活だ! (姫:え?みんな殺すの?)

でもキー坊に逃げられてイケニエの儀式失敗(姫;キャハハハ)

でもキー坊は穏やかな心が怒りに目覚めスーパーサイヤ人化w

すると緑の巨人に。
くらえ!ラピュタの火だ!→あれ?緑も焼き尽くすの?

植物人の兵器(でいだらぼっち)にも攻撃・応戦

植物人の軍は全滅
退路も断たれた

もう争いどころじゃないと逃げる時に事故でのびと姫が転落

なぜか巨人の中心部にたどり着きでキー坊がつるされてる

のびはキー坊に水をかける←それにどんな意味が?                      (回答;コレくらいしか
                  ボクには出来ないんだ)
↓               0点 意味がわかりません           
水をかけられたのでキー坊復活(友情パワーだ!)

その頃、長老が最期の力を振り絞る

なんか地球と植物人星がつながる

宇宙は愛だ!!(幸福の科学:パルナス愛は風の如く?)

侵攻はやめます

お姫様大好き!!


いかん、余計わけわからなくなってしもうた!!


とまあこんな滅茶苦茶な映画だったので映画館を出ると皆興奮気味に今回の失敗点をあげるあげる。みんなよっぽどドラえもんが好きなんだね。今回は誰一人擁護も出来ない酷さだと満場一致で決定。その酷さは「良かった点を上げよう」とお題を振ったのにいつの間にかフータくんNOWのつまらなさは異常という話になっていました。

ああ、ダメだ。ヘタにイミフ映画の解説なんか書こうと試みたためにもうおねむの時間が…まぶたがストーンと落ちて来ました。本日の日記はここまでですじゃ。


えーっと何か映画のことを書いてて肝心の今回の題のタレ目パー子についてかけませんでしたが明日、次回は必ず彼女の魅力についてうっとり語りたいと思います。それではオヤスミ~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒幕組合

Author:黒幕組合
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。