マギコ

小学校同級生のマギコがまた現れた。
マギコは正真正銘のクルクルパーいわゆる知的障害児だ。うちらのあたりでは「しょうに」、「がいじ」とかいう。マギコとは誰がつけたかは知らないが「人間じゃないから」という意味でつけられたという(ヒデエw)一説には古事記に出てくる亜人間、人間のなりそこねのヒルコを誰かが聞きかじって名づけたとか。魔偽仔、あるいは間偽仔と書く。
マギコは普通なら「なかよし学級」行きなのだが親の反対で押し切られて普通クラスに編入されていた。低学年のときはアホの子としてみんなの人気者であったが高学年にもなるといい加減うんざりして疎まれるものだ。
そんな中私をはじめ数人の儀善児童は高学年にもなってもからかって、いや一緒に遊んだものだ。
マギコかくれんぼ:鬼をやらせて100数える間に猛ダッシュして逃げる遊び
マギコピン逃げ:マギコにピンポンダッシュをさせる。マギコは逃げないのでつかまる。
マギコクッキング:なんでも食べるマギコにみんなでご馳走する。蟷螂サンドイッチ、雨ジュース、しょうゆカルピス
などなど。

そんなマギコが数年前突然家に遊びにきた。小学校卒業以来10数年ぶりに。奴のおつむの中は小学生のころからすすんでおらずそのころの話を昨日のことのように話す。
しかし奴も成長していた。性に興味を覚えたらしい。しかしそこはやはりキチガイなので興味の対象はもっぱらおしりとうんこに向かっている。
「オ○アヤコさんのうんちたべたい」それが奴の今の口癖であある。しかも恐ろしいことにそのかつての同級生の家にまで度々訪ねていってるのだ。しかも自分のキチガイ特権を利用して女子トイレに度々進入した話を自慢げに語る。「オバちゃんに怒られた」一目で人外のものとわかるその風貌からオバはんも怒るに怒れないのだろう。
いつか彼が逮捕されないか心配である。そこでこの間ネットで無修正画像を見せてあげて性教育を施してあげた。前の穴と後ろの穴の区別も付かないようであったがフェラチオをいたく気にいったようである。
その日奴は給料日だったので焼肉をおごらせたのだが、店のオネーちゃんにフェラチオ好きですか?とか大声で聞くのでフォローに困った。家に帰ったら母親にも言うことだろう。
彼ら劣等が一日も早く地上から消え去ることを願う。

魔偽仔は今日はカーレンジャーかなんかの絵本を買ってきて一緒に見ようと誘ってきたので丁重に追い返した。またうんこがどうとか言っていた。しかも勝手に上がりこみ小学生の同級生からきた年賀状を奪ってさっていった。おちおち寝坊もできない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒幕組合

Author:黒幕組合
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR