スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16冊目

貴重な藤子漫画の載った初出誌。それをバラバラに分解して藤子ページのみを集めて自分用の雑誌に再編集する、これが最近の私の専らの趣味でして、古書コレクターからしてみれば貴重な雑誌をバラスなんて神をもkajibonをも恐れぬ悪魔の所業と思われるかもしれませんが、これが貴方、自分だけの雑誌が出来てそれを読むときの充実感と言えば大全集の電子図書化を望む連中には一生わからないものでせう。

というわけで出来ましたは16冊目「週刊少年キング74年 38号」
週刊少年キング74年38号

表紙:週刊少年キング74年38号「オカルト勘平」
巻頭カラー:「オカルト勘平」
センターカラー:激突!東西まんがトーナメント「刑事ネコロンボ」
パーマンの指定席
 65回「ウォール街から太陽の帝国まで」
 61回「帝都物語とラストエンペラー」
 67回「クロコダイルダンディー2、木を植えた男」
 不明「7人の侍他傑作時代劇について」
怪物くん
 「うちのペットにゃ牙があるの巻」扉カラー
 「ムシり魔をむしれの巻」
 「怪物くんひとりたびの巻 その1~3」扉カラー
 「怪物だって、おしゃれがしたいぞ!の巻」
中学2年生コース
 ドラえもんおじさん藤子不二雄の漫画人生 4Pインタビュー記事
完全未収録
 「中高年を甘えさせるな!なんにもしない課」



表紙はオカルト勘平。中央公論社のブラックユーモア短編集では凡作に思えるこの話もカラーだとこう新たな発見もあるもので「こんばんは!乗っけてオカルト!」でツボに入り噴出してしまいました。
なんなんでしょう?のっけてオカルト?
しゃれにもなってないし、語尾に変な単語をつけてキャラ作りしようとしたものの得意のアドリブ感覚で一回こっきりで終わったのか?
中表紙/>
ま、単行本で白黒の作品がカラーで読めるのは幸せなことだオカルト
なんかちゃうな…使い方がオカルトでオカルト

また、このオカルト勘平初出誌には赤塚の「ギャグギュゲギョ」の最終回が乗っていてそれがつまらないのなんの。聞けば赤塚大全集にも載ってないそうで貴重、なんでしょうけどどっちが言うと貴重というか、チキショー、読んだ時間と記憶に残った部分の脳細胞を返せー!て話でしたが、私の大嫌いな「オッチャン」の次回予告が載ってるのもキツイですね。そんなわけでこんな本を一刻も早くばらして処分したかったので今回の本は目玉商品が少なくて、未収録はオカルトまんがつながの刑事ネコロンボ、何にもしない課だけで後はカラー目当てで買った怪物君切り抜きのあまりでページを埋めております。

それでも怪物くんはFFランドでは描き返られてしまった4つ指や「こじき」とか台詞変更前のが…いや、新怪物くんのコミックスでも読めるんですがね。

中学三年生コースでは両先生のありきたりなインタビューですが、A先生が席を外したすきにF先生に相方について聞いているのが、逆はよく見ますが珍しいとおもいました。でもそれをここにかくわけにはいかないのです。ごめんね。

最後はこの雑誌のメイン!サンデー毎日 1979年1月7日号『なんにもしない課』
何もしない課


これは以前に日記にも書いたけど多摩図書館でコピーした数日後にヤフオクで放流!
うれしくて2ちゃんにも書き込んだのに誰も興味を示さないばかりか入札なくてスルー!!
ええ?『藤子不二雄論』リスト漏れのこの作品が500円てのもおかしいのに誰も買わないだと?
と義憤にかられて落札しちゃいました。コピーもってるのでよかったんですがね。
ちなみにサンデー毎日には他にも

1971年8月8日号『ある暑中休暇』まんが2P
1972年8月13日号『今夏夏休異変』まんが2P
とシンジュクのヨコイさんだっけかな?の未収録があります。

多摩図書館で70年から80年のサンデー毎日全号調べたんでオカルト。

てなわけで16冊目はおしまい。次は今日いいブツが手にはいったんでもっといい雑誌ができそうレス





スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒幕組合

Author:黒幕組合
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。